第二種養成講習 (6級海技士 航海科)

6級海技士(航海)第二種養成講習を修了すると国家試験(学科)が免除されます。海技免許講習を修了し、国家試験(身体検査)に合格すれば、6級海技士(航海)の海技免状を取得することができます。 ※本講習は甲板部の乗船履歴(5年以上10年未満または10年以上)が必要です。

※国家試験(学科)は免除ですが、国家試験の身体検査はあります。

コースのご案内/講習会場⇒尾道本校

6級海技士(航海)養成コース(乗船履歴が10年以上)

受講日数

日数 9日間

講習日程

養成講習 救命 消火 レーダー観測 国家試験
(身体検査)
8/31~9/2 9/6~7 9/8 9/3~5 9/5(尾道にて)
H30. 3/3~5 3/9~10 3/11 3/6~8 3/8(尾道にて)

受講スケジュール

日程 時間 備考
受講前日 前日15:00まで 集合時間
1日目~9日目 09:30~16:40 養成講習は09:30~17:30
  • 上記時間には各審査・食事・休憩を含みます。
  • 講習期間中は休日なしです。

受講資格

  • 甲板部の乗船履歴が10年以上あり、その内3年以上は甲板部の航海当直部員としての履歴が含まれていること。
  • 船舶職員及び小型船舶操縦者法施行規則に定める海技士の身体検査基準に達していること。
  • 養成講習の前に行う入学試験に合格またはこれと同等以上の学力を有すること。

受講費用等

項目 費用
受講料 37,150円
プリント代 1,300円
海技免許講習 53,630円
 (救命) (28,850円)
 (消火) (11,270円)
 (レーダー観測) (13,510円)
海事代理士申請手数料(印紙代含) 11,300円
履歴証明書作成手数料 6,170円
免許申請料(印紙代含) 9,810円
合計 119,360円
 

6級海技士(航海)養成コース(乗船履歴が5年以上10年未満)

受講日数

日数 12日間

講習日程

養成講習 救命 消火 レーダー観測 国家試験
(身体検査)
8/28~9/2 9/6~7 9/8 9/3~5 9/5(尾道にて)
H30. 2/28~3/5 3/9~10 3/11 3/6~8 3/8(尾道にて)

受講スケジュール

日程 時間 備考
受講前日 前日15:00までに 集合時間
1~12日目 09:30~16:40 養成講習は09:30~17:30
  • 上記時間には各審査・食事・休憩を含みます。
  • 講習期間中は休日なしです。

受講資格

  • 甲板部の乗船履歴が5年以上10年未満あり、その内2年以上は甲板部の航海当直部員としての履歴が含まれていること。
  • 船舶職員及び小型船舶操縦者法施行規則に定める海技士の身体検査基準に達していること。
  • 養成講習の前に行う入学試験に合格またはこれと同等以上の学力を有すること。

受講費用

項目 費用
受講料 71,710円
プリント代 1,300円
海技免許講習 53,630円
 (救命)  (28,850円)
 (消火)  (11,270円)
 (レーダー観測)  (13,510円)
海事代理士申請手数料(印紙代含) 11,300円
履歴証明書作成手数料 6,170円
免許申請料(印紙代含) 9,810円
合計 153,920円

お申込み方法

  1. 申込書等をご請求ください。
  2. お申込み締切日までに申込書等をご提出ください。
  3. 受講資格、乗船履歴等を確認次第、受付通知を送ります。
  4. 受講料をお振込みください

必要書類等

必要書類等 概要
入学申請書 資料請求フォームまたはお電話でご請求ください。
海技免許講習受講申込書 既に救命・消火・レーダー観測の講習を修了した者は不要
住民票 本籍地入り
認印
写真(8枚) 3cm×3cm(身体検査証明書に貼る1枚含)
海技士身体検査証明書 第7号様式
試験開始期日前6ヶ月以内に、船員法で定める指定医で受診したもの
所定の乗船履歴を証明する書類 船員手帳等
海技免状・操縦免許証のコピー 受有者のみ
試験申請及び免許申請用の委任状 ご自分で申請を行う場合は不要

受講から免許申請まで

  1. 養成講習を受講前に入学試験を行います。
  2. 入試に合格したら翌日より養成講習です。養成講習の最終日に修了試験があり、合格したら修了証明書を交付します。海技免状の申請には海技免許講習(救命・消火・レーダー観測)の修了証明書が必要です。
  3. 国家試験(身体検査のみ)を受けてください。 (※事前の申請手続きが必要)
  4. 必要書類を提出し、免許申請すれば6級海技士(航海)の海技免状が交付されます。