乗船履歴

1~6級海技士免状を取得するには、乗船履歴が必要です。

海技免状取得のために必要な要件

筆記試験 3~6級海技士までは乗船履歴がなくても受験できます。
(科目別合格の場合、その有効期限は2年です。)
身体検査 受験申請には医師の診断を受けた海技士身体検査証明書が必要で、船舶職員及び小型船舶操縦者法施行規則に定める海技士の身体検査基準に達していなければなりません。(但し、筆記試験のみ受験の場合は不要)
また、国家試験会場でも身体検査があります。
口述試験 筆記試験の合格し、必要な乗船履歴を有していなければ受験できません。
口述試験の日程は、筆記試験の結果発表時に公示されます。
※6級海技士(航海・機関)には口述試験はありません。

6級海技士(航海)

総トン数5トン以上の船舶に、船舶の運航の職務(甲板員、甲板手、甲板長等)で、2年以上の乗船履歴を有すること

6級海技士(機関)

総トン数5トン以上の船舶に、機関の運転の職務(機関員、操機手、操機長等)で、2年以上の乗船履歴を有すること

 

5級海技士(航海)

次のいずれかの履歴を有すること

  1. 総トン数10トン以上の船舶に、船舶の運航の職務(甲板員、甲板手、甲板長等)で、3年以上の乗船履歴
  2. 6級海技士(航海)の資格を有して、総トン数20トン以上の船舶に、船長または航海士で1年以上の乗船履歴

5級海技士(機関)

次のいずれかの履歴を有すること

  1. 総トン数10トン以上の船舶に、機関の運転の職務(機関員、操機手、操機長等)で、3年以上の乗船履歴
  2. 6級海技士(機関)の資格を有して、総トン数20トン以上の船舶に、機関長または機関士で1年以上の乗船履歴

4級海技士以上の乗船履歴、その他詳細は【尾道本校 TEL 0848-37-8111】までお問い合わせください。