ダイビング アイテム

MTES JAPAN

ダイビングを安全に楽しむために、器材を装備しましょう!

これがダイビングのトータルアイテム

1)マスク・スノーケル 

マスク は水中世界を眺める器材として、最も重要な器材でしょう。

主に、1眼タイプ(ガラス1枚で構成)と2眼タイプ(ガラス2枚で構成)があり、「近視、乱視、遠視だ」という方には目の状態に応じてレンズを入れることができる2眼タイプがお薦めです。

スノーケルは水面での遊泳にとても有効的な器材です。絶えず頭を水面に上げて泳ぐ必要がないので体力消費も少なくてすみます。ただし、たまには水面を確認してくださいね。気が付いた時には全然違う方向へ泳いでいた・・・ということがないように。

2)レギュレーター 

 

私たちがダイビングを楽しむ時、生命線ともいえるくらい大切な器材です。シリンダー(空気タンク)とつないで、吸った時だけ空気を出してくれます。ちなみに、息を吐いた時はすべての呼気が海中に排気されます。

3)オクトパスレギュレーター 

もし、自分のレギュレーターが水中で故障してしまった。一緒にダイビングしている仲間の空気がなくなった・・・。としたらどうしますか?

そんな時、予備のレギュレーターとしての役割を果たしてくれるのが、「オクトパスレギュレーター」です。また、バックアップ用としての役割も兼ねています。

4)ゲージ(残圧計) 

空気シリンダーの残圧を示す残圧計や水深を示す水深計を総称してゲージ、またはコンソールゲージと呼びます。

ゲージの中でも、特に残圧計は頻繁に確認し、空気がなくならないよう注意しなければなりません。

5)ダイビングコンピューター・ダイバーズウォッチ 

ダイビングコンピューターは、何分間潜っていられるか、また浮上する時の浮上スピードのコントロールを指示してくれたりと重要な情報を与えてくれます。最近ではダイバーズウォッチ機能も併せ持ったタイプのダイビングコンピューターも多数あります。

ダイバーズウォッチは、ダイバーが水中でも時間を見ることができる器材で、潜水開始時刻や潜水時間が確認できます。

6)BCジャケット 

ダイビング中は、水中で常に浮きもしなければ沈みもしない状態(中性浮力)を保っています。このBCジャケットは、中性浮力を保つための補助具で水面ではBCにたくさん空気を入れて、楽に水面休息をとるための器材として私たちのダイビングをバックアップしてくれます。ただし、このBCジャケットは救命胴衣ではありませんので、過信は禁物です。

7)ダイビングスーツ 

ダイビングスーツには、①保温②保護③浮力の機能があります。

①水中では陸上の25倍の速さで体温が奪われるので、水温に応じて「ウエットスーツ」(内部に水を溜めることで体温を保つ)・「ドライスーツスーツ」(内部に全く水が入らない密閉構造で体温を保つ)を着用しましょう。②水中に浸かっていた身体に皮膚はふやけて傷つきやすくなります。ケガやクラゲ等の動植物からも身体を守りましょう。③ダイビングスーツの生地は独立した無数の気泡からできたスポンジゴムで作られており、ウエイト(鉛付きベルト)を外せば、ダイビングスーツの浮力を利用して水面まで浮上できます。

8)グローブ 

グローブをする目的は手の保護と保温のためです。グローブにはいくつかのタイプがありますが、夏は薄手のものを冬は十分に保温できる厚手のものを、季節(海水温度)によって使い分けしましょう。また、グローブをしていても、むやみに水中の動植物を触らないよう注意してください。

9)ブーツ

ダイビングブーツは足の保温と保護を目的に装着します。特にビーチエントリーをする時は重い器材を背負い、足場の悪い岩場を歩いたり、珊瑚や貝類の残骸を踏みつけることがあるので、けがをしないためにもブーツの着用は必須です。また、ブーツの上にフィンを着けるので、フィンはブーツポケットのあるものを選んでください。

10)フィン

フィンを着用すれば水中バランス(姿勢)が保持できて、効率よく泳げます。

11)シリンダー(空気タンク)

空気を充填するタンクです。ダイビングの生命線のひとつです。