JSS & SECOJ 技能研修・技能訓練

JSS(一般財団法人全日本海員福祉センター)やSECOJ(公益財団法人日本船員雇用促進センター)が主催する講習は、受講料が無料または補助されます。

お申込み先

団体名 一般財団法人全日本海員福祉センター(JSS)
住 所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-26
TEL 03-3475-5391
FAX 03-3475-5892
URL http://www.jss01.jp/
団体名 公益財団法人日本船員雇用促進センター(SECOJ)
住 所 〒104-0043 東京都中央区湊1丁目6番11号 八丁堀エスワンビル6階
TEL 03-3523-5991
FAX 03-3523-5995
URL http://www.secoj.com/

JSS 技能資格取得研修補助事業

全日本海員組合の組合員またはJSSの賛助会員がお申込みできる研修です

海事系技能研修の受講料は全額補助されます。

往復の交通費が補助されます(自宅通学を除く)。

宿泊費・食費・修了試験・国家試験の費用は本人負担です。

※ 科目によっては、受講資格があります。
海事系技能研修 期間(締切日)
1級小型船舶操縦士 5/15~19 (5/2)
8/28~9/1 (8/17)
1級海技士短期特訓道場 9/27~10/13 (9/12)
H30. 3/27~4/12 (3/12)
2級海技士短期特訓道場 9/14~30 (8/30)
H30. 3/13~29 (2/26)
3級海技士短期特訓道場 8/18~9/3 (8/3)
H30. 3/1~17 (2/15)
4級海技士短期特訓道場 5/10~6/5 (4/21)
11/1~27 (10/12)
H30. 2/9~3/7 (1/24)
5級海技士短期特訓道場 5/17~6/5 (4/28)
6/13~7/2 (5/25)
海技免許講習(上級航海英語) 12/10~18 (11/24)
海技免許講習(上級機関英語) 12/7~13 (11/24)
3級海技士 口述試験対策講習 4/28~5/2 (4/17)
7/19~23  (7/7)
10/27~31 (10/16)
4~5級海技士 口述試験対策講習 4/21~25 (4/10)
7/12~16 (6/30)
10/20~24 (10/6)
マリン整備士 5/8~26 (4/27)
10/10~28 (9/29)
潜水士技能研修 9/24~10/3 (9/13)
  1. マリン整備士は尾道海技学院による認定証が交付されます。
  2. 1級小型船舶操縦士は所有している海技免状によって終了日が異なります。

JSS 海技資格取得研修補助事業

全日本海員組合の組合員が申し込みできる研修です。

受講料相当額が補助されますが、研修開始後は補助申請ができません。

交通費が補助されます(自宅通学を除く)。

宿泊費・食費・修了試験・国家試験の費用は本人負担です。
研修科目 期間
1級海技士(航海・機関) 6/23~7/9
H30. 1/18~2/3
2級海技士(航海・機関) 6/13~29
H30. 1/5~21
3級海技士(航海・機関) 6/9~7/8
12/8~24
4級海技士(航海) 9/18~10/14
H30. 1/10~2/5
H30. 3/19~4/14
4級海技士(機関) 9/13~10/9
H30. 1/8~2/3
H30. 3/14~4/9
5級海技士(航海・機関) 8/16~9/4
9/20~10/9
11/8~27
6級海技士(航海・機関) 5/26~6/5
6/22~7/2
8/25~9/4
10/3~13
6級海技士(航海)免許取得短期コースⅠ 8/31~9/2
H30. 3/3~5
6級海技士(機関)免許取得短期コースⅠ 4/9~11
6/27~29
10/8~10
6級海技士(航海)免許取得短期コースⅡ 8/28~9/2
H30. 2/28~3/5
6級海技士(機関)免許取得短期コースⅡ 4/6~11
6/24~29
10/5~10
免許取得短期コースⅠ総トン数5トン以上の船舶で甲板部従事経験10年以上の人が対象

免許取得短期コースⅡ総トン数5トン以上の船舶で甲板部従事経験5年以上10年未満の人が対象

SECOJ 技能訓練

雇用船員、船員保険任意継続者、離職船員を対象とした研修

受講料無料。旅費・宿泊費・食費・国家試験の費用・教科書等は本人負担です。

お電話でお申し込み後、「受講決定通知書」が受講者宛に送られます。

詳細についてはSECOJにお問い合わせください。

船舶職員養成訓練

科目 期間
4~5級海技士研修 7/15~9/4

 

事務所のご案内