船員になりたい!
ボート免許をとる!
海・船のことなら尾道海技学院

NEWS

【新着】6級海技士(航海・機関)第二種養成12日間コース 開催予定

【六級第二種養成講習 航海科】

【新設】令和元年5月30日に、新たに、6級海技士(航海)・内燃機関6級海技士(機関)第二種養成施設の12日間の養成の基準が新たに創設されました。
この講習は、3年以上の甲板部の乗船履歴(うち1年は航海当直部員としての乗船履歴)が必要です。
※講習期間は、12日間(96時間以上)となります。

六級海技士(航海)第二種養成講習(12日間)コース

(乗船履歴が3年以上の方が対象)

◎ 講習日程詳細 (PDF) 〉

受講資格
🔸甲板部の乗船履歴が3年以上あり、そのうち1年以上は甲板部の航海当直部員としての履歴が含まれていること。
🔸船舶職員及び小型船舶操縦者法施行規則に定める海技士の身体検査基準に達していること。
🔸養成講習の前に行う入学試験に合格又はこれと同等以上の学力を有すること。

受講費用等
受講料総額 284,780円(税込)
【内訳】
受講料   198,000円(教本代を含む)
プリント代   6,380円
海技免許講習 53,920円
(救命講習 29,120円)
(消火講習 11,280円)
(レーダー観測者 13,520円)
海事代理士申請手数料(印紙代含)11,500円
履歴証明書作成手数料 5,020円
免許申請料(印紙代含む)9,960円

※詳細につきましては、お電話にてお問合せください。

【六級第二種養成講習 機関科】

【新設】令和元年5月30日に、新たに、6級海技士(航海)・内燃機関6級海技士(機関)第二種養成施設の12日間の養成の基準が新たに創設されました。
この講習は、3年以上の機関部の乗船履歴(うち1年は機関当直部員としての乗船履歴が必要です。
※講習期間は、12日間(96時間以上)となります。

六級海技士(機関)第二種養成講習(12日間)コース

(乗船履歴が3年以上の方が対象)

◎ 講習日程詳細 (PDF) 〉

受講資格
🔸機関部の乗船履歴が3年以上あり、そのうち1年以上は機関部の航海当直部員としての履歴が含まれていること。
🔸船舶職員及び小型船舶操縦者法施行規則に定める海技士の身体検査基準に達していること。
🔸養成講習の前に行う入学試験に合格又はこれと同等以上の学力を有すること。

受講費用等
受講料総額 271,260円(税込)
【内訳】
受講料   198,000円(教本代を含む)
プリント代   6,380円
海技免許講習 40,400円
(救命講習 29,120円)
(消火講習 11,280円)
海事代理士申請手数料(印紙代含)11,500円
履歴証明書作成手数料 5,020円
免許申請料(印紙代含む)9,960円

※詳細につきましては、お電話にてお問合せください。

尾道海技学院